価値観の違いってよくありますよね。

友達どうしであったり、恋人であったり、夫婦であったり、
もちろんネットビジネスでも。

 

今回はネットビジネスとは関係なんですが、
この日本人同士でもよくある価値観の違いが
海外だともっとあるんです。

 

けっこう付き合いの長いインドネシア人の友人がいるんですが、
彼の家は「超」がつくほどの資産家でいわゆるボンボン。

 

父親がシンガポールやマレーシアなんかに家を数件所有してて
もちろんパースにも数億円する豪邸を持ってます。

やることのスケールが違っていて、
大学生のころから車もフェラーリで登校してました(笑)

 

こういう東南アジアからわざわざ海外に出てる人ってそうとうなお金持ちなんです。

 

 

そんな彼なんですが、父親の事業を引き継ぐために
インドネシアに帰国することになりました。

スポンサーリンク

帰ったらいきなり従業員数千人はいる企業の社長候補としての生活がまっています。

 

運転手付きの車出勤だし、家も用意されてるし、
世話してくれるメイドもたくさんいるし、何でも手に入る。
人生ほとんど約束されてて、少なくともお金に困ることはこれから先一生ないですよね。

 

 

だけど、彼に自由はないんです。

 

 

今までオーストラリアで好き勝手な生活をしてたけど、
これからはそうもいかない人生。

僕のようにネットビジネスっていう、
比較的自由なビジネスで暮らしている者とはまったく違う環境。

 

事業を引き継ぐプレッシャーとか、抱えてる社員への責任感だったり
社長って、聞こえはいいけど孤独で人には言えない苦悩もたくさんあるんですね。

 

 

けど、彼いわく「国に帰るのは不幸せでない」と言っていました。

 

 

人生ってほんと、
その時の生まれた国や状況、捉え方でこんなに変わるのかと
あらためて気づかされました。

 

それでも楽しいならいいのかも?