前回の続き、

前回はメタデスクリプションの160文字を目いっぱいつかって
あなたのサイトのことを詳しく書くことをおすすめしました。

今回は、そのメタデスクリプションの具体的な書き方。

1つ目【メタデスクリプション】

【ポイント2:ユーザーの行動をおこさせる】

実はこれが一番、目からウロコというか
このやり方の中心じゃないかと。

でも、みんな力をあまり入れてやってない部分なんですよね。

だから、しっかりやればライバルより差がつけられて
検索結果で目立って、クリック率が上がるポイントでもあります。

しかもタダ(笑)だし、すぐに実践できるワザです。

 

何をするかというと、

メタデスクリプションをダイレクト感のある文章に変えます。
ダイレクトに語りかける文章にすることで、ユーザーを納得させて
クリックしてもらうようにしむけます。

 

以下がパターン例です。

[titled_box color=”black” title=”その1)行動をうながすアクション語を入れる“]「…の理由を発見しよう」
「…に関する記事を読もう」
「…はクリックして確かめてください!」など[/titled_box]

[titled_box color=”black” title=”その2)アクション語で最後をしめくくる“]
「続きを読む」
「今すぐ発見する」
「詳細をのぞく」
「解決策を見てみる」など[/titled_box]

[titled_box color=”black” title=”その3)質問形式にする“]

「今まで気になったことはありますか?」
「もし…だったら、どうしますか?」
「これは大丈夫でしょうか?」
「…は気になりますよね?」など[/titled_box]

 

上記の言葉を入れるだけでも、
そのサイトに訪れてみたいっていう気にさせてくれませんか?

試しに、あなたの持ってるブログひとつでやってみてください。

おどろきの効果があらわれるかもしれませんよ!

 

次回は
【昼メロテレビ番組】【検索クエリ】を使ったテクニックを(まあ基本中の基本ですが)
おつたえします。

⇒ 【その4】へ続く