ステップ3、【その商品の使い方】から、
ステップ4は【購入することで手に入る未来のベネフィット】

このパートはすごく大事ですよー。

なぜならこの部分の文章で読者さんの感情を
より動かせるかどうかが決まります。

 

動かせれば次のステップが楽になって、狙った行動をしてくれますが

うまくいかないと、せっかくここまできたのに
読むのを止める場合もあります。

 

ステップ4:購入することで手に入る未来のベネフィット

ここです。

このパートからは、
さらに読者さんの心や頭のなかに入っていく、語りかけていく
という感じで文章を書いていきます。

 

書く文字に気をつけて、

読者さんの頭に具体的なイメージができるような
未来ベネフィットを見せてあげます。

 

このパートを読むことによって
「こういう自分になれる」
「こんなお得なことが待っている」
ということを気づかせて、想像してもらいます。

 

例えば、
あなたは長年、肩こりに悩まされてきたとしますね。

で、あるブログで
「この塗り薬は長年の肩こりに効きます。
有効成分●●が効果的にに患部に届いて
風呂上りの5分にぬるだけでコリを根元から解消します」

これだけだと、どこにでもあるような文章で
インパクトに欠けるし、長年肩こりに悩まされて、
いろいろな薬を試したあなたには

全然響きませんよね?

「ふーん、だから?」となって、

「じゃ、買ってみようかな」とはなりにくい。

 

 

なので、ベネフィット(未来)を具体的に示してあげます。

スポンサーリンク

「この塗り薬は長年の肩こりに効きます。
有効成分がコリを集中的にほぐしてくれます。」

「この長年悩んだコリが取れれば、肩が軽くなって腕を上げるのも楽になります。」

「また長時間のデスクワークで無理な姿勢をしなくてもいいし、
肩こりがないから、いやな偏頭痛も解消されちゃいます。」

「普段よりも体全体が軽くなる気分が味わえますよ。」

「今まで肩こりが原因であきらめていたことも
これで、できるようになりますね。」

という感じで、上の文章を読むと
頭のなかで何かイメージができたと思います。

肩こりに悩みながらデスクワークをしているサラリーマンや
頭痛で頭を抑えてる人を想像したと思います。

 

これが、読者さんの頭にイメージをさせるっていうことです。

 

肩こりに悩んでいる自分が、
頭のなかで肩こりを解消した自分を想像できたら?

それを現実にしてくれるのが、この商品です!って紹介されたら?

「ちょっと試してみようかな」と心が動きやすくなります。

 

人間の欲求で、頭のなかで想像したいいイメージに近づきたい
という無意識があって、それが働くから

 

「悩みを解消したい」=「購入する」
という行為がつながるんです。

もちろん、【具体的にイメージしてもらう】
という前提が超大事なので、

ここに思いつく限りのベネフィットを並べたり明るい未来を描いてあげます。

 

 

頭のなかに具体的(ベネフィットの)イメージができて、
読者さんは心が動かされ、未来を想像できていると、

こちらが思うよりカンタンに狙った行動をしてくれます。

 

 

次回に続きます。