ネットビジネスの業界って、ちゃんとビジネスとして大きな影響を持ちだしたのが

約数十年前でまだまだ歴史があさいので、

いまだに詐欺や誤解が多いです。

ネットという特殊なリアルなビジネスとは違うところを利用してのネット特有のだましとかが多い気がします。

甘い言葉がたくみに文字を躍らせて、ユーザーをあおるものが
いまだに威力を発揮している。

これは、ネットビジネスにある勘違いもけっこう影響していて

「誰でもカンタンに」
「片手間で」
「寝てる間に」
「3日間で○万円!」

みたいなものが本当にできると考えている人がたくさんいます。

だから、
「ネットビジネスって簡単にお金を稼げるのか!」といって
はりきって参入して、詐欺商材なんかをつかんじゃうパターン。

冷静に販売者と対面でもして話せばものすごくうさん臭い内容だと
その人の話し方、こちらの質問への対応などすぐに見破れるけど、

 

ネットだとなぜか納得させられてしまう・・・
先日も某輸出入転売の塾がオファーを出していて、煽りに煽って、
最後に入会させる、その金額がものすごい高額でした。

販売ページでは最近にお決まりの
動画をじょじょに小出しにして、ユーザーの心理をくすぐり
「明日はこのノウハウの核心を大公開します!!」といって期待させる。

でも、その動画でも肝心のことは言わない。

「これならすぐにあなたもこんなに稼げます!」
「今の苦しい生活から開放してくれます!」
という、感情面ばかりに訴える。

ビジネスだからリスクは必ずあるでしょ?
メリットとデメリットを表示しないと、購入しようとしてる人に
フェアではない展開のしかたです。

 

僕もよくひっかかります、こういうの(笑い)
なぜか人間の心理にもとづいてるから、どうしても動かされるんです。

ただ、こういう場合はまずネットでその塾なり教材の評判を調べます。

たとえ新しく出た塾や商材でも
その募集期間中には必ず誰かが内容の暴露とか
販売者の素性を明かしくれます。

だから何かネットビジネスで新しいものや高額のものは
情報サイトを見て、判断します。
(買う買わないに限らず勉強のため・・・)

ちなみに、今回の輸出入転売塾はかなりブラックでした。