今回でこの【信頼される文書を作る】シリーズ完結です
おつかれさまでしたー。

ということで、最後のポイントは「自信を持って書く」

 

自信を持って書く

読者さんに信頼してもらう文章を書くには、
多少知識がなかったり、わからないことでも

【自信をもって断言して書く】
ことを心がけてください。

そうです、断言しちゃっていいんです!
(もちろんそれにたいするバックアップは必要ですが・・・)

断言して書くとは、文末を「です」とか「である」というふうに言い切ってくくります。

間違っても、「と思います」とか「だそうです」なんて、
あいまいな表現はしないようにします。

 

人は自分より、知識のある人からなら
話を聞いて納得するという習性があります。

逆にいうと、「自分より下のレベルからの話は聞かない」ってことです。

 

たとえば、
デジカメを買いたいと思ってヨドバシカメラに行きました。

いくつかの機種で迷っています。

「店員に詳しく聞いてみようかな」となって
近くにいた店員さんに聞いてみます。

ssss

もしその店員さんがあやふやな表現で
「ーだと思いますよ」「たぶんそうでしょう」とずっと言っていたら

頼りにならないし、話を聞きたいと思いませんよね。
そこで買わずに、別の店に行きませんか?

しっかりと対応してくれる店員さんから買いたいと思いますよね?

 

 

断言する文章を書く、ということは

読者さんをその文章にふれさせることによって
「この人はすごいなぁ、この人なら間違いない」
信じさせる効果を狙います。

 

信じさせる=洗脳っぽいんですが、
洗脳のようなうさんくさいものでなくて、
普段のアフィリエイトやメルマガなどの文章でも
この「自信を持って断言して書く」は効果を発揮してくれます。

[titled_box color=”black” title=”書くときに注意する点:”]語尾を気をつける、ですます調にする
あいまいに表現しないで、断言しちゃう[/titled_box]

これだけです。

ただアフィリエイトなどの場合は「です・ます調」での押し売りは厳禁。
断言してすすめすぎると、かえって逆効果になってしまいます。

なので、断言をしてアドバイスはするが、最終判断は読者さんにまかせる
そういうスタンスがベストです。

「自分はいい商品を紹介するだけ」と思いながら意識して書くと
いい文章が書けます。