信頼される文章を作るためのポイント、
今回の4と次回の5で完結です。
(やっとかよ・・・)

ポイント4:主張には理由をつける

何かを主張するためには、それにともなう理由がないと
人は納得してくれない傾向にあります。

 主張(言いたいこと)+理由(なぜなら)

これをセットで考えます。

 

これは日常生活でもいえますよね。

カンタンなことから難しいことまで、あなたも意識はしていないのですが、
誰かに理解して行動してほしいときにこの方法を使っています。

 

「そこのハサミ取って」と言うより、
「この袋を切りたいから、そこのハサミ取って」のほうが、
より状況がわかりやすいので、

なぜハサミを取ってほしいのか、がわかると思います。

 

 

「この商材の価格は●●円です!」

なんでその値段なの?といきなり値段だけ主張されても
読者さんは疑問に思います。

スポンサーリンク

 

「この商材は基礎から応用まで幅広いジャンルをカバーしてる
アフィリエイトの王道的な教材でツールも特典でついてきます、
そして今回限りの特別価格で●●円です!」

なるほど、だからその値段なんだ!

と理由があると主張していることに納得しやすくなります。

 

普通なら難しい状況でも、
明確で相手が納得してくれる理由をしめすと
思った行動をとってくれます。

たとえば、自分の子どもが急病になって、
会社から病院に直行しないといけない。

タクシーなら病院まですぐにいける。

でも、駅前のタクシー乗り場には長蛇の列。

普通なら横入いりなんてできない情況です。

 

だけど、
「すいません、子どもが急病で病院にどうしても早く行かないと行けないんです!」
理由をちゃんと話せば、先頭の人はタクシーを譲ってくれるはずです。

逆に
「先に乗らしてください」と言っても、誰も譲りません。
なぜならそれは、理由がないから。

 

これは文章作成でも同じことが言えます。

読者さんに文章を読んでもらって、思ったように行動してほしいために
明確な理由を表示してあげましょう。