信頼される文章をつくるための大事なポイント、
今回は3つ目です。

 

ポイント3:同じことを3回以上、繰り返して伝える

文章のなかで、特に伝えたいことは3回繰り返して伝えます。

人は忘れやすいという習性があります。
特に1度しか自分のなかに起こらなかったことは
忘れる傾向にあるんです。

 

たとえば、ほとんどの人は3日前に食べた夕飯の内容を
思い出すのが難しいはずです。

何か特別なイベントとして強烈に覚えてないと
なかなか記憶に定着してくれません。

 

なので、あなたの文章を記憶に残してもらって伝えたいことを伝えるには、
最低でも3回以上、主張しなといけないんです

スポンサーリンク

 

 

3回以上主張するには、
文章のなかに言い方を変えて伝えたいことをちりばめます。

文章の最初で、
「○○という方法は成功するのにとても大事です。」

文章の中間で、
「最短で成功するには○○という方法は取り入れるべきです。」

そして文章の最後で、
「○○の方法はビジネスの成功にはなくてはならないんです。」

 

というように、言い方を変えて同じ主張を3回以上繰り返します。

3回以上繰り返して主張すると、
読者さんはやっと記憶に残してくれる。

 

それくらいしつこくないと伝わらないと思ってください。