ペラサイト(=コンテンツページのないトップだけで完結する1枚のサイト)でやる
アフィリエイトはページを たくさん作る必要がないので、
作るのがカンタンでサイトアフィリでは比較的人気です。
だけど、実際には1枚に必要な情報を集約するので、
載せる内容に気をつけないと、

アクセスがあっても、売り上げがまったくあがらない
悲しいサイトになってしまいます。

実は、このペラサイトで内容が合ってないサイトがほんとに多いんです。

たとえば
「●●の口コミ」ってサイトタイトルがなっているのに
ページの内容が単なる商品紹介だったり、
「●●のひみつ」ってタイトルなのに、何もひみつが書いてなかったり

スポンサーリンク

 

だから、そのサイトに訪れるユーザーにたいして
しっかりと答えをあげられるサイトにしないと、
せっかく作ったサイトなのにまったく効果がないことになります。

 

そこで考えるのが、ユーザーの立場になって考えてみること。

 

どんな人がどんな思いでサイトに訪れてるのか?
なぜそのキーワードで検索しているのか?
ユーザーがあなたのサイトに訪れたときにまずどの部分を見るのか?
ユーザーが求めている情報をしっかりと提供しているか?

サイトを作る前に、上のようなことをちょっと考えてみると
驚くほど違った良質なサイトが作れちゃうことがあります。

もちろんこの考え方って普通のサイトアフィリにも共通です。

 

グーグルの検索精度があがってる今、
この変をちょっと時間をかけて見直すのも今後の成長に影響するのかなと思います。