アフィリエイトで生き残っていくための手段として2つあると前回おつたえしました。

その2つとは、
ペラサイトの生産コンテンツ重視サイトの生産です。

今回はまず、ペラサイトの生産について

ペラサイトの生産

まず思うのが、
アフィリエイトはビジネスなので、効率も求めないといけない。

何度も言っていますが、最近の検索結果傾向で
コンテンツが重視されてきてもいる、

だから中身のないサイト量産は効率的でないし、
無駄な作業で価値をもたらしてくれません。

 

「でも、量産したサイトって
あとからサテライトブログとして活躍してくれるでしょ?」

 

これも、最近はしっかりしたコンテンツが入ったサイトでないと
サテライトとしても機能してくれない可能性が出てきました。

だけど、いまだにというか、やり方しだいでは

 

ペラサイトでも稼ぐことは可能です。

 

ペラサイトが一番グーグルの検索で嫌われそうですが、
って、事実あまりいい印象はうけませんが、

スポンサーリンク

あえて、ブログで稼ぐという部分だけで考えるなら、
(資産サイトとして残せないとわかりつつ)
この方法もありです。

このコンテンツ重視の世の中で、まだペラサイトでも
稼げる方法があります。

 

「ペラサイト?やばいんじゃないの??」
だいたいみんな、そう思いますよね?

 

でも、最近検証してみた結果で、わかってきたことがあるんです。

しっかりとした商品リサーチをしておけば、
意外といけてしまう方法です。

ちなみに、A8やヤフーなどの単なる商品アフィリでは
正直この方法は難しいかもしれません。

では、
非常にザックリですが、やり方を解説します。

[titled_box color=”black” title=”ペラサイトの生産方法”]
1)「続きはWEBで!」系の商品(サービス)を探す

2)タイトルを「続きはWEBで!」系のキーワードにマッチさせる

3)コンテンツのレイアウトをペラ専用にする[/titled_box]

どういうことか、ひとつずつ見ていきましょう。

 

1)続きはWEBで!系の商品を探す

いわゆるテレビや雑誌にある「続きはー」の商品やサービスをピックアップして
ASPにその扱いがあるか調べます。

もしあったなら、その報酬単価や販売ページをみて、
魅力的か?購入する価値がありそうか?などを
消費者の立場から判断します。

OKなら、その商品のアフィリエイトリンクを作ります。

 

タイトルマッチは次回に、また。