ブログの記事を何個も書いてると

反応のいいブログと反応の悪い記事が出てきます。

 

それを単に反応がいい、悪いで考えて、
「けっこうちゃんと書いたのに?」
「適当に書いたのにアクセスがすごかったな!」
とか感想するんじゃなくて

 

その記事を読み返しながら、

研究します。

なぜこの記事はよかったのか?
なぜこれはだめなのか? 

読者の知りたいことに合っていたから?
興味をそそるタイトルだったから?

文章の出だしがうまかったからか?
と研究するくせをつけると

スポンサーリンク

売れるタイトルや文章、キーワードとのマッチング
なんかが経験としてわかってきます。
「おっしゃ、今回のはいい情報も入ってるし読み応えあるぞ!」

と気合を入れて作ったのに
反応がなかったり

「ちょっと今日は書く気がないのでこんなもん」
って書いた記事がすごく読まれたり。

この現象はブログアフィリエイトをしていると
必ず起こります。

自分の書く記事の想いと読者さんの考えは必ずしも
同じじゃないってことです。
うまく読者さんの読みたい記事をかけるようになるには
やっぱり研究するくせが必要です。