グーグルキーワードプランナーは
アフィリエイトで商品を選択するときにけっこう使えるツールです。

キーワード検索にはいろんな方法がありますが、やっぱりなんだかんだでよく使います。

 

というか定番中の定番ですね。

 

ということで、まだ使ったことないって場合のために
基本的な使い方のおさらいをしてみたいと思います。

グーグルキーワードプランナーの使い方

まずともあれ、グーグルアカウントに登録
これがないと、キーワードプランナーが使えません。

取得するとアカウントがもてるので
あとは簡単にグーグルキーワードプランナーが利用できます。

グーグルキーワードプランナーを使ってキーワードを探すなら
まずは、アカウントを登録して。

 

グーグルアドワーズにログイン後に【ツールと分析】のタブから
【キーワードプランナー】をクリック。

グーグルキーワードプランナーを使ってキーワードを探すなら
初めは迷うかも

 

 

キーワードプランナーの管理画面から、今度は
【キーワードと広告グループの候補を検索する】をクリック
(広告グループとありますが、気にしなくていいです。)

スポンサーリンク

グーグルキーワードプランナーを使ってキーワードを探すなら
【キーワードと広告グループの候補を検索する】をクリック

 

それでは実際にキーワードを入力してみましょう。

さきほどの画面から、
次に入力項目が出てくるので必要な箇所に調べたいキーワードを打ち込みます。

キーワードと広告グループの候補を検索する
調べたいキーワードを入れて、候補を取得をクリックします。とりあえずほかはそのままで

試しに、自分の名前でも入れてみます。(笑)
入力したら下にある【候補を検索】ボタンをクリック。

 

そうすると、すぐに検索結果が表れます。
表示されたあとは横にある【キーワード候補】のタブをクリックして
お目当てのキーワードたちをチェックします。

キーワードと広告グループの候補を検索する

「月間検索ボリューム」の項目をチェックしながら
「競合性」の低い、いわゆるお宝キーワードを見つけていきます。

おお!上の図だと「Junta」は月間で210回検索されてて、しかも競合性も低いですね。

これはいわゆるライバルが少ないけど、まあまあ検索されてるキーワードだから、
僕だったらこのキーワードでペラサイト作ってほっておきます。

 

とはいっても、ライバルサイトを実際に検索して調べたり、被リンク数も見たりするので、
これだけでキーワードを判断するのはちょっと難しいんですけどね。

 

でも、何かしらのアクションは起こるでしょう。
(もちろんこのキーワードでは商材が売れるわけがないですが・・・)

 

こんな感じでアカウントも無料で取得できるので、
ぜひグーグルキーワードプランナーも使ってみてくださいね。