実践で使える【読ませるタイトル】作りのノウハウです。

タイトル検索結果などにも反映される重要な項目ですよね。
読者さんが一番始めにあなたと接触する入り口です。

よく例えられるのが、
お店の玄関みたいなものです。

たとえば、おいしいと評判のレストランに行ったとします。
そのお店の玄関、店構えが古くて汚かったら、あなたは入りますか?
「ここはおいしい料理を出してくれそうだな」と思います?

少なくとも僕は思わないです。
もっとほかのきれいな所に行きます。

 

ネットの世界だと、もっとシビアです。

いわゆる3秒ルールというやつで、見た目(この場合はタイトル)で
クリックするか、しないかをわずか3秒で判断されます。

最近はもっと短いかもしれません。

それくらい【タイトル】というのは重要です。

ぶっちゃけ、タイトルが優秀だと、その後の記事がダメダメでも
けっこう読んでくれます。(その後望んだアクションをしてくれるかは別問題ですが・・・)

 

ということで、前置きが長くなりましたが、

以下で紹介するタイトルを作ると
続きがクリックされやすく、読まれやすくなります。

 

 

まず方法は、結論をタイトルに入れてしまいます

スポンサーリンク

 

「それってどういうこと?」と相手に思わせるんです。

以下に例文を表示します。

[colored_box color=”blue” corner=”r”]「これを読み終わるころには、○ができるようになります。」
「○○で15万円稼いだ、秘密のノウハウを3つご紹介します。」
「実はで成功した方法は、たった3つの方法なんです。
「これがした方法の全てです。」
「これからお伝えする話は実話なんです。」
「ある3つのポイントがあなたの稼ぎを加速させます。」[/colored_box]

上の例文はみんな結論が入ってます。

まずその文章の結果を示してしまうと、読者さんはその過程が気になってしまって
その文章の内容や続きを読みたくなってしまいます。

 

この方法を意識して、
メルマガやブログなどをこれからは読むようにしてみてください。

そして、
自分がなんで、その記事を読みたくなったのか?
なんでそのタイトルをクリックしてしまったのか?

という風に、まず自分の体験から理解すると
【読ませるタイトル】作りを納得して身につけられるスピードが速くなります。

第二回につづきます。